賃貸物件の選び方!情報集めのポイントを抑えよう

ネットや賃貸住宅の情報誌を活用して物件を選ぶ

賃貸物件の情報を集めるときは、まずはインターネットや賃貸住宅の情報誌を利用していろんな物件をあれこれと見てみましょう。見比べながら条件に合う部屋を探してみてください。気をつける点は、どちらの場合も賃貸物件が紹介されていてもその物件が残っているとは限らないというところです。どれにしようか迷っているうちに、誰かが一緒に見ている賃貸情報から先に部屋の問い合わせをしていることもあります。

また、ネットや情報誌に賃貸広告を掲載するまでにはある程度の期間を要します。その間に不動産屋を訪問した人が同じ物件を見る可能性があって、掲載前に空き部屋が契約済になることもしばしばあります。人気物件ほど競争率も高くなるので、気になる物件は早めに不動産屋に問い合わせして、空き状況を確認し、下見の準備をすすめましょう。

不動産屋で希望の賃貸住宅を見つける

インターネットや賃貸住宅の情報誌で物件を選ぶ以外でも、直接不動産屋に行って希望する物件を紹介してもらうこともできます。住みたい地域が決まっているなら、そのエリアに詳しい不動産屋を利用すると、最新の賃貸情報を得られますし、地域の住環境についての情報も質問すれば教えてもらえます。不動産屋と一口に言っても規模の違いはあります。全国に多数の支店をもつ大手企業の不動産屋は、情報量が多く、情報管理が整っているのでスムーズに希望の物件を選べます。地域密着型の中小企業の不動産屋においては、地元の不動産を所有するオーナーとの付き合いが良く、情報量は大手より少ないものの、賃貸広告には掲載していない優良物件の情報を持っていることが多いです。

札幌中央区の賃貸物件は資料の取り寄せが便利です。その理由は周辺情報や写真情報が豊富で検討しやすいからです。