利便性や間取りだけじゃない!失敗しにくい賃貸住宅の選び方

地盤がしっかりしているかどうかを見極める

物件を選ぶ際、家からの眺めなど周辺環境を第一に考える人もいるでしょう。しかし、希望に合った場所であっても、それだけですぐに決めてしまうと失敗する場合も出てきます。特に、土地勘のない場所で重視したいのが自然災害です。

例えば、高台に立つ物件は眺望が良く、日も当たりやすいというメリットがあります。周囲に建物が少なければ、近所の視線も気にならないでしょう。しかし、地盤がしっかりしているかどうかを見極めることが大切です。知らなかっただけで実は地盤が緩く、地滑りが発生しやすいかもしれません。大きな河川が近い場合は、水害の可能性を視野に入れておくことも必要です。気になる場所は、国土交通省が運営する「ハザードマップポータルサイト」で一度確認してみましょう。

近隣にどのような施設があるのか確認する

近隣にどのような施設があるか確認しておくことも、賃貸物件を選ぶときには重要です。特に、在宅ワークが多いなど1日の大半を自宅で過ごす人は周辺に何があるのか確認しておくと失敗を防ぎやすくなります。その際、既存の施設だけでなく建設予定の施設があるかどうかも確認できるのが理想的です。

賃貸という性質上、問題が出たときや精神上耐えられない事態になれば引っ越すことはできます。しかし、思い立ったときにすぐ引っ越せるとは限りません。通勤などの事情もありますし、子どもがいれば通学のことも考える必要が出てきます。引っ越しにかかる費用もその分無駄になります。そのような失敗をしないためにも、騒音を含めトラブルになりそうな施設はないか確認しておくことが大切です。

北見の賃貸物件には、エアコンや浴室乾燥機、宅配ボックスなど設備が充実したところもあり、入居と同時に快適な生活を送ることができます。